枯れ葉の歩道

銀杏の落葉の舞う診療所前の歩道で、懐かしい女性に出会った。黒い大きな鞄を右の手に携えていた。

「その重たそうなかばんの中には何がはいっているんですか?」「この中には楽譜がぎっしり詰まっているんです。それが私の命なんです。」

その人は、大好きなシャンソンで身をたてることを志していた。が、かなわず、シャンソン居酒屋を開き生計を立てていた。

それでも、年一回は小さなリサイタルをしながら努力を続けている。大きな夢をかなえる日をめざして。

なかなか治りにくい病気もある。それでも、いつか完治する日のくることを念じて、努力を続ける人を尊いと私は思う。あきらめず努力する姿は、だれが見ても美しい。
(PC版「随筆その10枯れ葉の歩道」より抜粋)

戻る



©2004- 棚橋よしかつ+泌尿器科