前立腺がん

前立腺がんの症状としては、外側に発生した癌が内側の尿道まで拡がっておきる「排尿障害(おしっこが出にくい)」、骨に転移して「腰が痛くなる」などの症状が代表的です。

しかし、そのような症状が出る前に見つけ出すことが、完治のためには重要です。

50歳を過ぎたら、症状がなくても、年に一度は前立腺の検査を受けることが望ましいと考えられます。
(PC版前立腺講座より抜粋)

[電話]
TEL:022-722-0028

戻る



©2004- 棚橋よしかつ+泌尿器科